焼酎ぎゃらりぃさわ 

~ 旨い酒とほっこりおばんざいの和み酒場 ~

大阪下町九条の焼酎バー 酒好きがこうじてお店をはじめたママの気ままな独り言日記です。

2013年11月

一杯だけ・・・

IMG_1199
今日はお料理のお話。。。
これは、SAWAオススメの人気メニュー「チャンジャチャーハン」。

チャンジャって炒めるととってもコクが出て旨みが増すんです。
その独特な旨みをいっぱい吸い込んだ白ご飯に、ちょっとだけスパイスを加えて完成!
癖になるほど、とっても美味しいんですよ!

私は酒好きだけに、お米はあまり食べないんです。
お酒にもふんだんに使われているお米は、”食べるより呑む!”です。

だけど、これならツマミながらたくさん呑める
他にも、網海老と玉子を使ったチャーハンがあります。
ちょっとあっさり味で、こちらもアテになるんです。

お米だけど、アテになるチャーハン。
どちらも私が大好きなオススメメニュー。
自分が作ってるから全部オススメなんですけど。。。

SAWAにはお酒やアテがたくさんありますが、ご飯メニューも結構あるんです。
白ご飯はもちろん、お茶漬けや雑炊、ラーメンにバゲット。。。

”呑み”メインでアテをつまむ方と、”食べる”メインで呑む方の両方がいらっしゃるので、どちらの方にもご満足いただきたいと思うから。。。
でも、男性の方は特に”呑み&ガッツリ食べる”方が多いかな・・・

メニューにはないんだけど、「TKG」を食べたいって言う方も。。。
「TKG」とは”玉子かけご飯”のこと、、、

SAWA自慢の煮込み料理を白ご飯にぶっかけて、「勝手どんぶり」で食べる方もいたり。。。

お客さまの好みで作る、メニューにはない裏メニュー。

でも、そうやってお好きに食べていただいて、「美味しい!」っていう笑顔を見るのが大好き。

アテでもイケるチャーハンと、ちょっと〆のご飯もの。。。
是非一度食べてみてくださいね!


昨日のSAWAはとっても寒かったけど、穏やかな一日でした。

「一杯だけいいですか?」

とっても寒い木枯らしの吹く中、一番最初はモコモコのダウン姿で入って来た常連さんの彼。

一杯だけって。。。と思いつつ、「何を呑みます?」

「今日は熱燗!」

やっぱり寒い時は燗酒が一番、、、
ちっちゃなミニコンロに徳利を乗せて、お燗メータを差して火を付けて、燗酒セットをお客さまにお渡しして。。。

SAWAでは、燗酒セットをそのままお出しして、お客さまご自身でお好みの温度に調整いただくんです。
私が温めてからお渡ししてもいいのですが、酒好きの方は燗酒の温度にもこだわる方が多いのでわざとそうしています。
お燗メーターのメモリをじっと見つめながらお酒が温まるまでの間に、美味しさも倍増するでしょう!

その間にお好きなお猪口を選んでいただいて。。。

自分の好みの温度で火を止めて、湯気の立っている温か~い日本酒をお猪口に注ぐ。。。
猫舌ならぬ”猫手”の方は「あちっ!」とか、一人でつぶやきながら、、、ね

一口呑んで、「旨いっ!」

そりゃぁ、美味しいですよ!
温まるまでの間、じ~っと我慢してたんだから・・・

おばんざいをツマミつつ、、、

「お腹すいてるので、チャーハンいいですか?」

「日本酒呑んでるから、あっさり系の網海老チャーハンの方が合いますよ」

「じゃ、それで、、、」

余程お腹がすいていたのか、スプーンからこぼれそうなくらいてんこ盛りのチャーハンを、とっても美味しそうにがっついている彼。。。
食べ終わってすぐに、、、

「まだご飯あります?じゃぁ、チャンジャチャーハンも!」

どうぞどうぞ、いっぱい食べてくださいねぇ。。。

美味しいお酒を呑みながら、チャーハンをとっても美味しそうに食べている彼の姿を眺めながら、私も幸せ気分いっぱいで満腹になりました。

隣のお客さまとの会話もはずみ、気が付いたらもう閉店時間過ぎてる・・・

「一杯だけ・・・」と言いながら、たくさん呑んでたくさん食べちゃいましたね。。。

SAWAでのひと時が楽しくて、時間なんて忘れちゃうんでしょうかね。。。
これもSAWAマジックかな。。。

美味しいお酒が呑みたい時とお腹がすいたらいつでもどうぞ!
またのお越しをお待ちしています。


さて、今日は土曜日。
週末だから忙しくなるかな。。。

今日はどんな楽しいことがあるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

ほんの少し・・・

IMG_0885
これは、SAWAのお品書き。

和風生地の立派な表紙で、ちょっと高級感があってオシャレでしょう。。。

これね、、、私のハンドメイド。
店によっていろんなお品書きがありますが、既製品は味気ないなぁ・・・って思って手作りしちゃました。

着物の布切れを活用したSAWAオリジナルのお品書き。
段ボールに布切れを貼り付けて、百円ショップで色画用紙と、写真やポストカードの保存用ビニールケースを買ってきて、家にあった針金で固定して、、、
印刷したメニュー表を差し込んで、、、完成!

手作りなんてわからないほど、とってもいい感じに仕上がってるでしょう。。。


最初はメニューを黒板に手書きして、カウンター後ろの壁に掛けてました。
でも、結構大きめの文字で書いてたつもりなんだけど、文字が読めないって言われる方が多かったんです。

黒板の前に座ってる方でも、メガネかけないと見えないって、、、
だから、壁に掛けてる黒板をはずして、お客さんの目の前に持っていって見てもらったり。。。

テーブル席には、印刷したものを大きめのコルクボードに貼り付けて、テーブル真横の壁に掛けて置いてました。
それでも文字が読めないって、大きなコルクボードをそのまま手元に降ろして目を凝らして見てたり。。。

大きめの文字でわかりやすく書いてるつもりでも、不自由されるお客さまが多い。
お客さまからすると離れておいてある文字は読みにくいもんなんだ・・・って、実際に店を始めてから気が付いた。

やっぱり、お品書きは手元で見れる方がいいって。。。

A4用紙に印刷したお品書きを、透明ビニールファイルに差し込んで手元で見てもらえるように置いてみた。
でも、A4用紙って薄くていいのだけど、立てても邪魔だし、そのまま置いててもちょっと目障りで、、、

う~ん、、、っていろいろ試行錯誤して、A4サイズ半分の見開き。
コンパクトなこの形になりました。
また変えるかもしれないけど、今はこのお品書き。

どこにも売ってないSAWAオリジナルのお品書き。
よ~く見たらアラが目立ちますが、それも手作りの良さ。
細かいことは言わないでくださいね~。


昨日のSAWAは急に寒くなったせいもあり静かな一日でした。

開店間もなく、「一人やけどいいかな・・・」と、紳士なおじいさまがご来店。

カウンターの真ん中にゆっくり座って、、、
「日本酒あるかな・・・」
「この冷蔵庫の中とその上に並んでるのが日本酒です」

一通り眺めて、、、
「じゃぁ、一本義を冷で」

日本酒の「一本義」は私も大好きな銘柄。
福井県で有名な地元酒。
なかなか”通”なおじいさまだなぁと思いつつ。。。

グラスに注いでいると途中で、、、
「ちょっと待って!ほんの少しでいいから・・・」

とりあえず半分だけお出しして、、、
「お猪口ある?」

お猪口で呑まれるのならと、グラスのお酒を徳利に入れ替えてお出ししました。
一口呑んで、ポツリ。。。

「旨いなぁ・・・。あぁ、、、懐かしい酒や・・・」

日本酒の「一本義」は福井県ではどこの店にもある定番酒。
福井県でお仕事されていたことがあって、その時に毎日のようにこの「一本義」を呑んでいたそうです。

「5年ぶりに呑みに来たんや・・・」

えっ!
5年ぶりって・・・???
そんな、、、いきなり呑んで大丈夫?

よくよく話を聞くと、、、
ご病気を患って5年間、お医者様からお酒をとめられていたんだそうです。
でも、やっぱりお酒が大好きなおじいさま。
呑みたいなぁと思った時に百貨店の試飲コーナーで、ちっちゃなちっちゃなお猪口にほんの少しだけ次いでもらったお酒を、ちびちびと舌に乗せて味わうのが楽しみだったとか。。。

少しならいいと先生からお許しが出たそうで、久しぶりに呑みに来たということでした。
「少ししか呑まれんのやけど・・・」

サービス一品のおばんざいも、半分だけでいいからと小鉢にちょっとだけをお出しして。。。

「昔、九条はもっと賑わっていてな、よう呑みに行っとった。
この近くにも酒屋がやっている立飲み屋がたくさんあったんや。
今はもうなくなってしもたけどな・・・」

きれいな遊び方をされていたんだろうなぁとうかがえる、紳士でとっても上品で、話上手なおじいさま。
九条が地元の方らしく、九条に住んで数年の私に昔の九条のお話をいろいろ聞かせてくださいました。

ほんの少し注いだお酒を「旨いなぁ・・・」とつぶやきながら、本当に美味しそうにしみじみとじっくり味わったあと、「ええ店やな、また来るわ・・・」といって笑顔で帰って行きました。
ほんの少しピンク色に染まったお顔で・・・

数年ぶりに呑みに出て、たまたまSAWAを見つけられて、偶然あった懐かしい想い出のお酒。。。
ほんの少しの時間だったけど、きっとご満足いただけたと思います。

九条にたくさんあるお店の中でSAWAを選んで来てくださって、本当にありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしています。


さて、今日はどんな出逢いがあるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

伝えたい気持ち…

IMG_0181
「酒は百薬の長」
~酒はほどよく飲めば、 どんな薬よりも健康のためによい~

酒好きにとっては、とっても素敵なことわざ・・・
だって、「酒をほどよく呑んでたら健康でいられる。。。」ってことでしょ!

でもこの続きがあるってこと、知っていますか?
本当はこの後に続く言葉。。。

「されど万病の元」
~どんなに良薬と言えど、度が過ぎれば毒にもなり様々な病の原因になる~

何事も”ほどほどに・・・”ということですね

でも、、、
「ほどほど・・・」とは?私の適量って?
自分の”適量”について、真剣に悩む今日この頃です。。。

私が言うのもなんですが、皆さん呑みすぎにはくれぐれも注意しましょうね。。。


今日は11月28日。。。
10月29日からブログを書き始めて、かれこれ調度1ヶ月が経ちました!

今んとこ、ちゃんと毎日書いてる。
我ながらすごいなぁと思ってます。。。


最近は常連さんの間でも、SAWAブログの話題で盛り上がることが多くなりました。

ちゃんと読んでくれているんですね。
ありがとうございます!

「素敵な話に感動した」とか
「電車の中で読んでいて、涙が出そうになった」とか
「ママの気持ちがよく伝わる」とか・・・

先日の黒猫ちゃんのお話では、SAWAのどこにいるのかをみんなで探し回ったり。。。
でも、まだわかんない人いますけど・・・

嬉しいですね・・・

つい先日、携帯を新しくスマホに代えた方がいて、SAWAブログのアドレスをお教えしたんです。
毎日ブログ読むのを楽しみにしてくれていて、次に来られた時にはスマホのホーム画面に「SAWAブログ」のアイコンまで作ってた。
「これなら、いつでも読みたい時にすぐにブログが読めるやろ!」って。。。

とっても感激しちゃいました

SAWAブログは、酒好きがこうじて店を始めたママの気ままな独り言日記・・・
その日一日のSAWAでの出来事を、自分の感じたままに素直に書いてるつたないつたない日記なのに、いろんな人が読んでくれてる。。。

ありがたいですね。。。


私がブログを書く理由はね・・・

私、一人では何もできない人なんです。。。

だから、お店作るときもいろんな人に手伝ってもらって立派なお店ができました。
お店初めてからもいろんな人に手伝ってもらって。。。

宣伝なんて何もしてなかったから、最初はお客さん少なかったし。。。
でも、だんだん来てくれる人増えて、常連さんと言える方たちも少しずつ増えて、、、

お客さんにもいろいろご協力いただきながら、やっとのことでこうやって続いてる。。。

いろんな人に支えられているからSAWAがあるんです。
もちろん、これからも。。。

だからSAWAに関わってくれている全ての方への感謝を込めて、SAWAでの毎日の出来事を記録に残そうと思ったんです。

”心”って言葉にしないとなかなか伝わらない。。。
その一瞬一瞬に、自分が何を思って、どう感じて、どう動いたのか・・・

自分が素直に感じたことや伝えたいことを、感謝を込めて”言葉”につづる。。。
全ての方への「ありがとう・・・」の代わりに、毎日ブログを書いています。

でも、、、
たまにSAWAがお休みするときだけは、ブログもお休みさせてくださいね。。。


さて、今日はどんな楽しい一日になるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

偶然に・・・

IMG_1185
ここはSAWAのトイレの中。

SAWAのトイレには、私のお気に入りのいろんなものを飾っています。
一目ぼれして買ってきた雑貨やハンドメイドのオブジェとか、全部もとは自宅に飾っていた雑貨たち。。。

店内とは別の世界のとっても落ち着ける、私の趣味の空間。。。とでも言えるかな・・・

その一角に設置したカードフォルダー。
私のお気に入りのお店や友達のお店のPRスペースになってます。

最初はトイレじゃなくて店内の入口すぐのところに設置しようと思ったのだけど、入口付近は意外とお客さまは通過するだけで、立ち止まって見ることがない。。。

名刺やショップカードはその方のお顔と同じだから、本当はトイレに置くのはどうか・・・と思ったんだけど、やっぱりトイレの方がなぜかじっくり見られるんです。
唯一ひとりになれる個室空間だからきっと安心するんでしょうね。。。

イベントのチラシやチケットとかも「ご自由に・・・」ってここに置いておくと、気に入ったものを持って帰られる。

でもね。。。
悲しいことに私のお気に入りの雑貨たちも、黙って持って帰られる方がいらっしゃるようで。。。
あまりにもかわいくて、お家に連れて帰りたくなったんでしょうね。
きっと・・・

自分のお店をPRしたい方がいらっしゃったら、是非お好きにご活用くださいね。

ただし、、、
何でもOKという訳ではありません。
私が気に入ったお店だけ・・・ということで。。。


昨日のSAWAは和やかな一日でした。

最近よく、会社帰りに一人でフラ~っと来てくれるようになった彼女。
昨日は久しぶりに妹さんと仲良くご来店。

姉妹別々に一人暮らしされているんですが、どちらもSAWAとは自転車で来れる距離のご近所さん。
二人ともお酒が好きで、おしゃべり好きのとっても仲の良い姉妹。

初めて来られた時も二人揃って来てくれました。
その時に妹さんを見ていて、なんとな~くしぐさや話し方の雰囲気が”昔の自分に似てるかも・・・”って思ったんです。

話を聞いてると、偶然にも妹さんは私と同じ名前。
私も二人姉妹の末っ子育ち。
で、よくよく聞いてみると、なんと姉の名前も同じ。。。

漢字は違うんだけど、姉妹の名前が同じってすごい偶然!
しかも年子ってのも同じ。。。

「一緒にいるといつも私の方がお姉さんですか?って言われるんです・・・」と妹さん。
お姉ちゃんの方はかわいらしい妹さんタイプで、妹さんの方が大人っぽくてしっかりした姉さんタイプ。

私もそう。。。
幼い頃から背が高かったせいもあり、いつも年齢より老けて見られていたんです。
小学校の時なんか、バスに乗って子供用の切符を出したら「ほんまに小学生か?」って車掌さんににらまれたほど。。。
姉は背が低くて年相応のかわいらしいタイプ。
だからいつも私の方が姉だと間違われて。。。

SAWAをたまたま見つけて二人で来られて、名前も雰囲気も一緒で。。。
偶然に・・・
これも”縁”なんでしょうね。

ちなみに両親の名前は???ってきいたら、もちろん違う名前でした。
それも一緒だったら、ちと怖いですよねぇ。。。


偶然隣り合わせた常連さんたちと、楽しく呑んでおしゃべりしている二人を眺めながら、自分も姉とこんなだったなぁ・・・って、とっても懐かしく温かい気持ちになりました。

一回り近く歳下の姉妹ですが、私にとってはどちらも”SAWAファミリー”のかわいい妹。
呑みたくなったらいつでも、お好きな時にまたどうぞ!



さて、今日は水曜ですが今週も「のんびり営業」しま~す!
ますます寒くなってきたので、温かい参鶏湯でも作ろうかな。。。

今日はどんな楽しいことがあるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

笑顔・・・

IMG_1174
これは沖縄の伝統的な酒器で「カラカラ」という名の徳利。

立派なシーサーが鎮座して、高貴な雰囲気があります。
沖縄の人はこれに泡盛を入れて、お祝いの席で使われることが多かったとか。。。

「カラカラ」って名前がかわいいですね。
名前の由来は2つあります。

一つは、、、
宴会好きな沖縄人、お酒の席で泡盛の入ったこの酒器が引っ張りだこ。
「早く、貸せ!貸せ!」が沖縄の方言で「早く、から!から!」と言っていた。
それが「カラカラ」になったという説。

もう一つは、、、
徳利の中にどれくらいお酒が残っているかなんてこの形だとわからないですよね。
だから、酒が入っているかどうかがわかるようにこの中に玉を仕込んでおいて、酒が無くなると降った時に「カラカラ」と音がしたからという説。

どちらにしても酒好きな沖縄人の人柄が出ているお話ですよね。

この「カラカラ」は、古美術屋さんで見つけてきました。
いろんな形のカラカラがあるんだけど、てっぺんにこのシーサーが乗っているのが一番伝統的な形。

これは、カラカラという音はしないんだけどとっても賢いんです。
お酒を注ぐ時に、調度このお猪口一杯分しかお酒が出てこない。。。

中の仕組みがどうなっているのかわからないんだけど、勢い余ってこぼすこともなく、一杯分ジャストでお酒が止まる。。。

呑みすぎる人には持って来いですよ!
熱燗呑むときは、是非一度使ってみてくださいね。


昨日のSAWAは雨降ってたせいもあり、前半はのんびりモードで穏やかな一日でした。

オープン直後に、女子二人のご新規さまがご来店。

一人の方はお酒呑めない方。
炭酸系が苦手な方らしく、ソフトドリンクは炭酸系しかないので、とりあえずトマトジュースをご注文。
もう一人はお酒大好きな方で、一杯目は生ビールで乾杯。

お酒呑めない人でも楽しんで欲しいから、ず~っとトマトジュースもなぁ・・・と思い、「温かい緑茶はどうですか?」というと「じゃぁ、それで・・・」

鉄瓶の急須にお湯を入れて、少し小さめのかわいい湯呑みをお出しして、、、
「わぁ!これ緑茶?鉄瓶の急須がかわいい!!湯呑みもかわいいですね!」

急須のままお出ししたのがウケたのか、意外なお客さまの反応にちょっと照れちゃいました。。。

SAWAは女性同士のお客さまも多いのですが、男性の方よりも女性のお客さまの反応の方ががやっぱり気になります。

だってSAWAは、私の「こんな店あったらいいな・・・」を形にしたんです。
女性一人でも気軽に入れて、居心地が良いと思えるお店。。。

まずは、おばんざいのお通しをご案内して、、、
「おばんざいの中から一品ずつサービスさせていただいているので、お好きなものをどうぞ!」
「みんな美味しそうで迷っちゃいますね。。。う~ん、コレとコレ、どっちにしよう・・・」
「じゃ、この際どちらもどうぞ!」

とりあえずおばんざいをツマミつつ、お料理をご注文。
鯨のスパイシー唐揚にワタ入りイカの酒蒸し焼き、あんこうの唐揚・・・
お酒呑めない方もいらっしゃるのに、女子には珍しくかなり渋いアテをご注文。

お料理をお出しする度に「わぁ~!美味しそう!」って。。。

やっぱり女子はおしゃべり好きですよね。
ご近所に住むママ友同士らしく、学校やお子さまのお話で盛り上がっていました。

お話の途中で聞こえてくる「コレ、美味しい~!」という言葉に耳を傾けながら、とっても嬉しくっていっぱいサービスしちゃいました。

中でも、お酒呑めない方のほうが「ワタ入りイカの酒蒸し焼き」をとっても気に入っていただいて、
「余った煮汁にプランスパンを浸して食べると美味しいんですよ!」ってパンをお出ししたら「これ、美味しすぎます~!」って、とっても嬉しそうに。。。

食べ終わったあとの器を片づけようと取りに行ったら「あ、まだ残ってるんで・・・」

よっぽどお気に入りなんだなぁとちっちゃなスプーンをお渡ししたら、あと少し残った煮汁までキレイにすすって飲んでいました。。。

嬉しいですね・・・

「美味しい!」の笑顔は、どんな人でもとっても素敵な笑顔。。。
その笑顔を見るたびに、SAWAをやって良かったと思います。

「お料理もとっても美味しくて、すごく凝ってますよねぇ。どこかで修行なさってたんですか?」

ごめんなさい・・・私、修行なんてしてないんです。。。
「ただの酒好き、料理好きなだけで・・・」


帰り際にまた嬉しいお言葉、、、
「装飾品やトイレもかわいくて、とっても雰囲気がいいですね!外のディスプレイもとってもセンスがいいし・・・」

ありがとうございます!
さすが女性の視点。。。
見ているとこが違います!

その一言がとってもとっても嬉しくて、Special Happyな気分になりました。

お見送りの際「これからジムに行ってきます!」。。。
「本当は日本酒好きなんだけど、だから今日はかわいく控えてたんです。今度は日本酒を呑みに来ま~す!」

結構呑んで食べたのに、今からジムで汗をかく・・・!?
さすが、パワフル!
”母は強し!”ですね。。。(笑

たまたまSAWAの前を通ってお越しいただいたお二人ですが、SAWAでのひと時をとてもご満足いただけたようで、自転車に乗って笑顔で帰って行きました。

次回は日本酒を是非どうぞ!
またのお越しを心よりお待ちしています


さて、今日はどんな出逢いがあるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

たまたま・・・

IMG_0179
一升瓶の影からのぞいている黒い物体。。。
ちっちゃなちっちゃな黒猫ちゃん。

さて、この黒猫ちゃんはSAWAのどこにいるでしょう???


SAWAにはいろんなキャラクターがいます。
カエル、ニャンコ、ブーちゃん、キリン・・・etc。。。

以前もお話しましたが、中でもニャンコが一番多い

ドラ、ブチ、シロなど世の中にはいろんな猫がいますが、私は黒猫ちゃんが一番好きなんです。
黒くて艶のある毛並みに、かわいいお眼目だけが光ってる。

”不気味”とか”怖い”とか”恨まれそう”とか、一般的に黒猫はあまり良い印象はありません。
でも私は、その妖艶でセクシーなんだけど気品があって、なんとなく謎めいた雰囲気の容姿が好きなんです。

女性に例えると”エロかわいい!”
人間だったらきっとモテモテなんだろうな。。。


幼いころに両親が「100万回生きたねこ」という絵本をプレゼントしてくれました。

100万回死んで100万回生まれかわった「ねこ」の数奇な運命を描いた、とっても有名な絵本。
知っている方も多いと思います。

私はその絵本が大好きで、いつも持ち歩いて何度も何度も「100万回」くらいは読んでいたと思います。

子供ながらにそのストーリーに心を打たれて、何度読んでも涙がでてくるんです。
その時に、何をどう感じて泣いてたのかはもう忘れてしまったけど、、、

大人になって実家の部屋を片づけてた時、懐かしいその本を見つけました。
もう、随分と昔の忘れていた記憶・・・

読み終わって本を閉じた時、やっぱり泣いてる自分がいました。
なんともいえない複雑な切ない気持ち・・・

子供の頃とは違う感情で涙が出たんだと思うけど、やっぱり心打たれるストーリー。
読む人によってかなり解釈が異なるようですが、機会があれば一度読んでみてくださいね。

私が猫好きになったのは幼いころに何度も読んだ、この本の影響かもしれません。。。

さぁて、黒猫ちゃんの居場所が分かった方、ドリンク一杯サービス!・・・なんてね。。。


昨日のSAWAは和やかな一日でした。

前日の反省もあり、日曜なので4時からのオープン。

一番乗りは、私と同い年の常連さんお二人。
たまたま一足違いでご来店。

「とりあえずビール!」と、一人に出して、もう一方の分をお出しして・・・
振り返ると「おかわり!」って、もう一杯目を一気呑み。。。
よっぽど喉が渇いてたんですね

最近、「呑むお酒の量が多くなった。。。」というお二人。

特に私からお酒をすすめたりしないのだけど、確かにご機嫌さんでお帰りになることが多い。
会話がはずむとお酒の量も増えるんでしょうね。

SAWAで出逢ったお二人ですが、年が同じということだけで安心するのか二人で楽しく呑んではしゃいでる。
お話し好きなお二人ではありますが、それだけSAWAが楽しいってこと・・・?

気が付くとカウンター満席で、お客さま同士みんなで盛り上がってました。。。

”たまたま”SAWAを見つけて一人で来られて、”たまたま”カウンターで隣り合わせたお客さま同士。
SAWAを通じて、どんどん「酒の和(輪)」が広がっていく。

嬉しいですね・・・

そんなお客さまの姿をカウンター越しに見ているだけで、とってもHappyな気分になります。
もっともっとSAWAの「酒の和(輪)」が、大きく広がりますように・・・


さて、今日はどんな出逢いがあるのでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています


良い加減・・・

IMG_1102
これは、日本酒用の冷酒グラス。

木の台座に円錐型のガラス酒器が差し込まれています。
木の風合いと吹きガラスの趣きがとっても素敵で、飾っているだけで絵になるグラス。。。

グラスの形は、旭川の雪深い軒先のつららのイメージ。
ガラスの表面の模様は、吹雪、ウズ、ヒビといった幻想的な雪原風景。
木の形も色も年輪も、全て異なった独特の風合い。

とってもとっても寒い、北海道旭川にある吹きガラス工房さんの作品。
見ているだけでもハンドメイドの手の温もりが感じられますよね。

私はハンドメイドの器が大好き。
世の中に同じものは一つもないハンドメイド。
作品それぞれに味があって、作家さんや職人さんの想いが伝わってくるから・・・。

その作品への想いを想像しながら作品を目で楽しんで、さらにその作品で呑んだり食べたりすると、より美味しく感じられるんです。

私も昔は茶道の茶器で有名な「楽焼」の工房に通っていて、週末になると山奥深い工房にこもっておじいちゃん先生に教えてもらいながらいろいろ作ってました。
やっぱり酒好きなので、最初はお猪口から。。。

土をこねこねして、自分の思いのままに形を作る。
世の中の嫌なことを全部その土が吸い取ってくれているって感じで、土を触っているだけでとっても気持ちがいい。

それから余分な土を削って形を整えて。。。
削りすぎると薄すぎて焼いた時に割れちゃうし、土が多すぎると熱をかけた時に土の重みでクニャってくずれちゃう。
削って整えるだけなのに、これが結構難しい・・・

出来たものを一週間乾燥させて、窯で焼いて素焼きが完成。
その素焼きに自分の好きな色の釉薬を塗りつけて、また一週間乾燥させて本焼き。

釉薬も多すぎたら溶け出して垂れてしまうし、薄すぎても自分がイメージした色にならない。。。

土を削るのも釉薬を塗りつけるのも、その加減がすごく難しいんです。
正解なんてない自分の中だけの”良い加減”・・・

焼きあがった作品の「も少しここが・・・」とか思うけど、それが自分が作り上げた作品。。。
変な形でも思った色にならなくても、それはそれで味があって愛着が湧く。

人生も同じ。。。
自分のイメージした通りにならなくても、それが自分・・・
できあがったものがどんな形や色であっても自分が生きてる証として、ちゃんと”足跡”が残る・・・

SAWAを初めていろんな人との出逢いが多くなったけど、私はどんな形や色をしているんだろう・・・
ちゃんと”いい味”出しているんでしょうか。。。

正解なんてない自分の中だけの”良い加減”・・・
一日一日生きている限り、常に自問自答する「一生のテーマ」です。。。


昨日のSAWAは、穏やかな一日でした。

いつものように準備していると、5時過ぎに「すいませ~ん、今日は何時からですか?」とお客さま。
「6時からです!」
「じゃぁ、その頃にまたきます・・・」

まだ、おばんざい作ってる真っ最中。。。
早く作ってしまわねば。。。。

6時過ぎに先ほどのお客さまがご来店されて一言。
「今日は祝日なんで、4時から空いてるかなぁ~って思ったんで・・・」

きゃぁ~!!!
今日って祝日だったんですね。。。

とりあえずお席にお通しして、お詫びを。。。
ごめんなさい。
すっかり忘れてました

近頃曜日の間隔がまったくなくって、ましてや土曜日で祝日だなんて完全にカレンダー見てなかった。
ダメですね~。。。
反省・・・


日本酒がお好きなカップルさん。

たまたまSAWAのブログを見つけられて、私のつたない日記を読んで「いい感じの店だなぁ・・・」って、わざわざ遠方から電車乗り継いでお越しくださったんです。

時間間違えてすいません。。。
重ねてお詫び申し上げます。。。

いろいろお話してみると、ブログの内容を全部覚えていてくださっていて、とっても感激しました。
今のところ毎日書いていますが、ちゃんと読んでくれている人いるんだぁ・・・って。。。

「実際に来られて印象はどうですか?」ってお伺いしたら、
「ブログで読んだ通り、すごくたくさんお酒があっていいお店だと思いますョ!」って。。。

ありがたいですね・・・
嬉し過ぎて涙出そうになったほど・・・

日本酒のことかなりお詳しいカップルさんでしたが、いろんなお酒を呑んでたくさん食べていただき、SAWAでの楽しいひと時をお過ごしいただけたと思います。
多分・・・

遠方から足を運んでくださり、本当にありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。


さ、今日は早めに準備しよう!

さて、今日はどんな嬉しい出来事があるのでしょうか
今夜もSAWAでお待ちしています

一緒に・・・

IMG_1097
これはお子さまでも飲めるビールです。

といってもよくあるノンアルビールではありません。
「こどもびいる」といって、コップに注ぐと本当のビールのように泡立つリンゴ味のジュース。

専用のジョッキまであるんです。
かわいいでしょう・・・

呑みに行ったらとりあえず、一番最初はビールで乾杯することが多いですよね。
だけど、お酒呑めない・呑まない方は一緒に乾杯できない。

どこにでもあるお茶かジュースで乾杯。。。ってのもおもしろくないでしょ。
だけど、これなら専用ジョッキで他の人と同じように、ビール呑む気分で乾杯ができる

お酒を呑む場所だから、呑めない・呑まない人は楽しめないなんてナンセンス!
お酒が好きな方はもちろん、呑めない・呑まない方でも何か新しい驚きや楽しみがあってもいと思うんです。
じゃないと、お金を払っていただく意味がない。。。

SAWAは「お酒で和む場所」だけど、「お酒呑めない・呑まない方でも和める場所」。

他にもいろいろ楽しめるソフトドリンクを置いています。
そのお話はまた今度・・・

お酒好きな方だけでなく、呑まない・呑めない方でも安心してお越しください。
SAWAで一緒に楽しみましょう・・・


昨日のSAWAは金曜日だけに、お客さまがたくさん来られてとっても賑やかで楽しい一日でした。

最近よく来られるようになったカップルさん。
どちらも学校の先生で、美男美女のお似合いカップル。

いつも彼女さんの方が先に来て、とりあえずリキュールを呑みながら彼が来るのを待ってるんです。
そして彼が入ってくると、とっても嬉しそうに笑顔で「お疲れさま!何食べる?」って。

彼氏さんは結構お酒呑める方ですが、彼女さんは一杯目だけリキュールでその後はソフトドリンク。
お料理をお出しすると、彼氏さんが「一緒に食べよ!」って真ん中において。。。
カウンターで仲良く寄り添いながら、二人だけの世界を楽しんでる。。。

でも、さすがに先生をしているだけあって、身なりはもちろん言葉使いもとっても丁寧な方たち。
特に彼女さんはトイレに行く時も「お手洗いお借りします・・・」って言うんです。
きちんとした良いご家庭のお嬢さんなんだろうなぁと感じます。

とってもラブラブのカップルさん。
見ているだけで微笑ましくて、私まで幸せ気分いっぱいになりました。

お二人のようにこんな幸せそうなカップルさんが、もっともっとたくさん増えますように・・・。


さて、今日はどんなカップルさんと出逢えるでしょうか。。。
今夜もSAWAでお待ちしています

Happy・・・

正面左
SAWAは、実は「立呑み屋」なんです。。。

というよりは、本当は「立呑み屋」がしたかったんです。
いろんな種類のお酒を自由に呑めて、お財布にも優しい「立呑み屋」さん。。。

だからカウンターとテーブルは、立って呑んで調度良い高さ。
普通のお店のカウンターよりも20cm位は高い位置。


オープン前のお披露目会では、知り合いだけでゆっくり呑んでいただきたいから最初から椅子を置いてました。
オープン時は片づける予定で。。。

カウンター6名とテーブル2個×2名分で、基本の最低人数は10名。
詰めて座るとカウンター8名とテーブル2個×4名で最大16名。

これで「立呑み」にすると椅子の数に関係なく、詰めて入ればもっと増える。

お披露目会で16名分のお料理作りながら、お酒入れて持って行って、お皿を下げて・・・

どう考えても”机上の論理”。。。
実際にやってみて「無理!!!」って思ったんです。

だからやむなく「立呑み」は断念
椅子はそのまま設置することにしました。

でもね。。。
今となってはその方が良かったと思っています。
だって、美味しいお酒はやっぱり。。。ゆっくり座って味わいたいですよね!

今年は何もできなかったけど、来年からはちっちゃなLIVEとかお酒の試飲会とか、いろんなイベントしたいなぁって。
だからその時には「立呑み」形式でやってみようかな・・・って考えてます。

来年はもっともっと楽しいSAWAになりますように・・・


昨日のSAWAは、Happyな出来事がたくさんありました

一つ目のHappyは・・・
先月末、”のんびり営業日”に水曜定休を知らずに来られたご夫婦さん。

帰り際の「また来ますね!」という言葉通りに、2回目のご来店。
「今日は美味しい酒が呑みたかったから・・・」と、仲良く呑みに来られました。

嬉しいですね・・・

お二人ともとってもオシャレで品が良く、大人のムード漂う素敵なご夫婦。
お酒の呑み方も会話もスマートで、お酒を呑んでいるその姿が絵になるほど。。。

奥さまの方がかなりの酒豪らしく、、、

ある晩、いつものように呑んで帰ってきた奥さま。
タクシーで帰ってきて、玄関のドアを開けて・・・
気が付いたら、片足をドアの外に出したまま寝てしまっていたとか。。。(笑

素敵な身なりから想像できない武勇伝。

美味しいお酒を味わいながら、会話もはずんで楽しまれた後「また来ますね・・・」といって帰って行きました。
仲良く腕を組んで寄り添いながら。。。


そしてもう一つのHappy・・・
SAWAとは目と鼻の先のホントに近所に住んでいるおばあちゃま。
昨日もお友達とのお食事会の帰りに、フラ~っと一人で立ち寄ってくださいました。

品の良いコートに素敵なマフラーをして、育ちの良さがうかがえるマダム風のファッション。

とってもオシャレなおばあちゃまで、今年で81歳と言いながらいつもシャンと背筋が伸びて、そんなお年には決して見えないんです。

お酒が大好きな方で、中でも赤ワインがお気に入り。
昨日で解禁になったボジョレーを「美味しい!美味しい!」と言いながら楽しまれていました。

以前来られた時に、「美味しい赤ワインが入ったら教えてね!」と言って帰られて、昨日が調度ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。

「なんとなくワインが呑みたいなぁって思ったの。
だから家の前を通り過ぎてそのまま真っ直ぐSAWAにきちゃった。。。
やっぱりワインが私を呼んでたんやねぇ・・・」

とってもお茶目で素敵なおばあちゃま。
いつまでもお元気で、お好きな時にいつでもSAWAにお越しくださいね!


さて、今日はどんな素敵なHappyがあるでしょうか。。。
今夜もまた、SAWAでお待ちしています

大切な人・・・

IMG_1257
SAWAには3つの守り神があります。

先日書いた窓際の七福神と、もう一つがこのシーサー。
最後の一つはまた今度。。。

このシーサーには深い想い出があって、とっても大事にしています。

SAWAを始める前、九条の馴染みの立ち飲み屋に毎日のように通ってました。
同じように毎日そこへ呑みに来られるとっても笑顔の素敵なおじさまがいて、顔を合わす度に一緒に呑んでたんです。

その方の笑顔があまりにもこのシーサーそっくり!
冗談で「シーサー!」って呼んでたら、そのうちに他の常連さんも「似てる!」って言い出して、何かある度に「シーサー」って。
かなり失礼な呼び方ですね・・・ごめんなさい。。。(笑


いつも笑顔でしゃべりかけてくれて、いろいろ話を聞いてもらったり呑みに連れて行ってもらったり。。。
すごくお世話になりました。
そのお礼にと、これと良く似たシーサーをプレゼントしたことも。

そう、去年の今頃も一緒に呑んでました。。。

九条で店をやるって報告したら「応援するから頑張りなはれ!わしが毎日呑みに行ってあげるから。。。」って温かく励ましてくれて。
とっても嬉しかった。。。


12月に入って開店準備でバタバタで、お逢いできないまま1月10日にオープン。
オープン当日、そのおじさまからの開店祝いが届きました。

直接お礼も言えないまま、オープンしてからもバタバタの日々。
そんな中、人づてにおじさまが入院されていると聞きました。

そうなんです・・・
1月10日のオープンの日も病院のベッドの上でお祝いしてくれてたんです・・・

それから数か月、きっと元気になってSAWAに来てくれると信じて待ち続けてました。
元気になったら、大好きな芋焼酎をいっぱい呑ませてあげようって・・・

でも、、、
5月に入っておじさまは、SAWAに来られることなく・・・


自宅に置いていたシーサーをSAWAに連れてきて飾りました。
店が一番きれいに見渡せるカウンターの後ろに。。。


そう・・・
このシーサーはおじさまの分身。
一緒に呑むことはもうできないけれど、いつもカウンターの後ろからSAWAでの毎日の出来事を、温かく優しく見守ってくれています。
あの素敵な笑顔で。。。



さて、今日はボジョレー解禁!
焼酎ぎゃらりぃだけど、ワインも用意しますよ~!


今日はどんな楽しいことがあるでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

お気に入りの一品・・・

IMG_1387
いよいよ秋も深まって、寒くなりましたね~。。。

店先の装花も模様替えしましたよ。
かわいい赤い実をつけた「ガマズミ」です。

新緑の頃にはアジサイのように小さな白い花が咲いて、それはそれでキレイ。
秋には実が熟して、こんなかわいい赤い実になるんです。
赤と黄色の葉っぱのコントラストがとってもきれいでしょう。。。

寒くなればなるほど、黄色い葉っぱもどんどん赤く染まっていきます。
紅葉の秋ですね。

「ガマズミ」の花言葉を調べてみました。

”私を無視しないで・・・”
”愛は死より強し・・・”

小さくてかわいい花と実なのに、かなり深い花言葉・・・

もう一つありました。。。

”無視したら私は死にます・・・”

公園とかによく植えてある植物なのに、実はとっても淋しがり屋なんですね。

大丈夫だよ。
私が毎日見てあげるからね。。。


昨日のSAWAは、外の寒さを忘れるほど温かい一日でした。

近所に住むとってもラブラブのご夫婦さん。
奥さまの方が少し年上の姉さん女房。

とってもやんちゃな旦那さまが楽しく騒いで呑んでいる隣で、奥さまが優しく突っ込みを入れながら仲良く呑んでるんです。

お二人でよく呑みに行かれるそうですが、奥さまはそんなに強くないそうで控え目にリキュール。
旦那さまは一升を一気呑みできるほど大酒呑みだとか・・・

初めて来られた時にお出しした一品を大変気に入っていただいて、材料の購入先をお教えしたんです。
さっそく買ってきて家で作って試食。。。
かなり好評だったそうで、何かある度に「アレ作って!」と旦那さまよりも息子さんがハマってしまったとか。。。

SAWAで食べて「美味しい!」からと、お気に入りの一品を家で作ってご家族で食べていただける。。。
嬉しいですね。。。


ハマってしまった一品は、、、
「クリームチーズのわさび醤油がけ」

名前そのまま、超簡単!
クリームチーズを切ってその上に刻み海苔と茎わさびを乗せて、最後にお醤油を回しかけるだけ。
レシピと言えるほどもありません、、、

でも、これが酒好きにはかなりウケてる一品!
私も大好きなSAWAの人気メニューなんです。

息子さんはまだ高校生なんですが、こんな一品にハマるなんて酒呑みの素質”大”ですよね。
そのうちに親を抜くほどの”大酒呑み”になるのでは・・・(笑

近い将来、息子さんも一緒に三人で呑みに来られることを、楽しみにお待ちいています


さて、今日は水曜ですが毎度のことながら本日ものんびり営業しま~す!
この際、いっそのこと定休日を替えちゃおうかな・・・なんて。。。


今日はどんな楽しいことがあるでしょうか?
今夜もSAWAでお待ちしています

想い出の味…

IMG_1138
今日は「焼酎ぎゃらりぃ」だけに、焼酎のお話。。。

これは、「屋久の石楠花」という名前の芋焼酎。
人気の三岳酒造さんの中でも、なかなか手に入らない超プレミア焼酎。
私の一番好きな焼酎といってもいいくらい、お気に入りの芋焼酎。

この焼酎と出逢ったのはもう随分と昔、たまたま入ったあるお店でのこと。。。

私、昔は日本酒派で焼酎なんて呑まなかったんです。
でも、その店で日本酒から焼酎派に変わりました。

毎日のように呑み歩いていた若い頃、友達から「気になるお店があるから・・・」と言われて行って見ると、そこはどう見ても大衆的な普通の定食屋さん。。。
でも、表の看板には「本格焼酎100種類以上、全国の地酒80種類以上」と書かれてある。
扉をガラ~っと開けてみると、おじ様たちでにぎわっていて女子は一人もいない。。。

恐る恐る店に入ると「女の子のお客さんなんか珍しいねぇ・・・」と言って、おかみさんが席に通してくれた。
「日本酒好きなので、表の看板が気になったから・・・」と日本酒を注文。
何を頼んだのかは覚えてないけど。。。

夫婦二人でやっている小さな小さな定食屋さんで、当時はテーブルが4席ほどだったかな、、、
女子二人でやって来た私たちが珍しかったようで、常連さんらしきおじ様たちとも盛り上がって楽しんでた。

そのうちに大将が出てきて「焼酎もおいしいよ!」って、名前も知らない呑んだこともない焼酎を少しづついろいろ出して味見させてくれて。。。
「焼酎っておいしいんだ・・・」ってその時初めて思ったんです。

それから、毎日のようにそこに通い詰めました。
だって、他の店と比べものにならないくらい日本酒も焼酎もたくさんあって、しかも安くてお料理も美味しくて、他の店で呑むことが、損した気分になるくらい。

大将もおかみさんもすごく温かい人たちで、私たちを娘のようにかわいがってくれて・・・
数えきれないほどのいろんなお酒を教えてもらいました。

この「屋久の石楠花」は、焼酎を覚えたての頃に呑ませてもらった中の一本。
とっても想い出深い、懐かしい味・・・
一升瓶には珍しく、一筆書きの石楠花のピンクがとってもきれいで、このデザインがとっても好き。

当時は普通に呑めてたのに、今ではこの一本を手に入れるのも難しいほど有名になっちゃった。。。

今でもその店に行くと必ず呑ませてもらってます。
想い出の場所で、想い出の味・・・
SAWAにもあるんだけどね・・・。

あれからかれこれ20数年。。。

昔は小さな小さな定食屋さんだったけど、今では一元さんは入れないくらいの人気店。
お酒の数も種類も半端なく、とっても立派なお店になりました。


そう・・・
「こんなお店したい!」って思ったきっかけのお店。
ここがSAWAの原点。。。

SAWAを始めてからはなかなか行けなくなったけど、その店でお客さまたちと一緒に呑みたいなぁ・・・。
もっともっと頑張ってSAWAがも少し大きくなったら、そのうちに・・・


今日はとっても寒いですね。
体を芯から温める、何かあったかーいもの作ろうかな。。。

さて、今日はどんな出逢いがあるのでしょうか?
今夜もまたSAWAでお待ちしています

居心地の良い場所・・・

内観窓側
私、もともと家呑み派だったんです。

去年まで勤めてた職場は男女関係なく深夜残業当たり前。
終電どころか毎日のように午前様でした。

でも、家に帰ったらやっぱり一杯やりたいんですよね!
だから、どんなに遅く帰っても自分でアテ作って呑んでました。

夜中の一時から天ぷら揚げたり、煮込み料理作ったりね・・・。
そうすることで、一日の疲れをリセットするんです。

さすがに今は帰ってから料理はしてません。
だって、家の調理器具をほとんど店に持ってっちゃったんだから。。。

だから休みの日でも、SAWAでご飯作って食べてたり、、、
最近水曜に店を開けるのは、お客さんと一緒にご飯食べる方が楽しいからってのもあるんです

それと一番はSAWAでお酒に囲まれている方が、家にいるより落ち着くからかもしれませんね・・・(笑

今はSAWAが私のキッチン。
今日は何が食べたいのかなぁ・・・って考えながら、おばんざいをたくさん作って、毎日お客さまのお帰りをお待ちしています。


昨日のSAWAはとっても賑やかで楽しい一日でした。

SAWAはお一人で来られるお客さま多いんですが、何回か来られると皆さん顔見知りになってお客さま同士で会話を楽しんでる。

その光景を眺めながら、私も毎日楽しませてもらっています。

でも、盛り上がり過ぎてお酒が進むと、気持ち良くなってウトウト・・・。
どんなに周りが賑やかでも、それが子守唄にでも聞こえるのかスヤスヤ・・・。
カウンターに座ったままで、コックリコックリお休みタイム。。。

帰って寝るだけの自分の家より、そんな和やかムードのSAWAが心地良いんでしょうね。


私も呑み過ぎちゃうといきなり落ちる人なので、昔はよくやってました!
たまにトイレで寝ちゃって出てこない・・・なんてことも。

SAWAではまだそんなお客さまはいらっしゃらないので安心ですが、眠たい時にトイレに行くのは要注意!
くれぐれもお気を付けくださいね。。。


楽しい夢でも見ているのか、とっても気持ち良さそうにお休みになっているお客さま。
その姿を見ていると、後ろからそっと抱きしめてあげたくなる自分がいます。
「毎日お仕事お疲れさま・・・」って。。。


SAWAは「お酒で和む場所」・・・
美味しいお酒を呑みながら、寝てしまうくらい”心地良い場所”・・・(笑

そろそろ寒くなってきたので、お客さまが風邪をひかないように温かいブランケットでも用意しておこうかな。。。なんて。


さて、今日はどんな”居眠りさん”に逢えるでしょうか。。。
今夜もSAWAでお待ちしています

ママと呼ばれて・・・

IMG_1126
赤い窓から外を覗いている、茶色の物体何かわかります?
これは、素焼きの七福神。
かわいいでしょう・・・

大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋尊の七人の神様が、SAWAを訪れる方々を優しく見守ってくれています。

店を始める前、信楽に食器を買いに行ったときにたまたま見つけて、七つの神さまそれぞれがあまりにもかわいかったので買ってきました。

七福神は、あらゆるものに福をもたらしてくれて、幸運、福運、とくに金運をさずけてくださる七神さま。
SAWAの商売繁盛とSAWAに来られたお客さまに福をもたらしてくれますように・・・と願って守り神として窓際に飾っています。

福を授かりたい方は、拝んでみてください。
きっといいことあると思いますよ・・・


店を始めてからお客さまからいろいろな呼び方をされるようになりました。
「ママ!」とか、苗字で「〇〇さん!」とか、下の名前で「〇〇ちゃん!」。
「焼酎ぎゃらりぃ さわ」という店名なので、私の名前が「さわ」だと思って「さわさん!」という方も。。。
ホントは「さわ」じゃないんですけどね!

でも、やっぱり「ママ!」と呼ばれることが一番多い。

店を始めた当初は「ママ」と呼ばれるのに慣れなくて、お客さまに「ママ!」と呼ばれても気付かないことが多かったんです。
苗字で「〇〇さん!」とか、下の名前で「〇〇ちゃん!」て呼ばれないと反応しない・・・みたいな。。。

だって、会社では苗字で呼ばれるのが当たり前で、今までずーっとそう呼ばれてたのが、店を始めた途端に「ママ」に急に変わったんだから。。。

最初は「ママ」と呼ばれることがとっても恥ずかしくて、なんとなく気持ち悪くて。。。
友達にも「なんて呼べばいい?」とか聞かれて、今まで通りのあだ名で呼んでって言ったんだけど、今では友達まで「ママ!」と呼ぶようになっちゃった。

去年まで勤めてた会社の後輩で呑み友達だった彼女も、最初は「〇〇さん!」って苗字で呼んでくれてたんだけど、ある日お客さんがたくさんいて忙しくしてるときに「〇〇さん!」って何度も呼んだのに気付かなかったから「ママ!」って言ったら振り向いたって。
だから、これからは「ママ!」って呼びますと、その日を境に「ママ!」になりました。

先日も家の近くを歩いてるとき、遠くの方から「ママ~!」って叫んでる人がいて、どこのママなんだろ?って思ってたら、私のこと。。。
お客さんが私を見つけて声をかけてくれたんです。
人通りの多い中、ちょっと恥ずかしかったですけど・・・(笑

店の中ではもちろん「ママ」なんだけど、買い物行っても「ママ!」、近所の人と道ですれ違っても「ママ!」
どこ行っても「ママ!」

SAWAを始めてから、はや11か月。
来年1月10日で丸一年。

どんどんお客さんや知り合いが増えて「ママ」が広がっていく・・・
嬉しいことです。。。

でも、広がれば広がるほど「ママ」という言葉にとっても重みを感じるこの頃・・・
経営者であり、店主であり、料理人であり、「ママ」である。。。

こんな「ママ」でいいのだろうか。。。
経営者として、店主として、料理人として、まだまだ出来ていないことがいっぱいあるのに、、、

胸張って「ママ」と言えるよう、もっともっと努力しなければ・・・!


さて、今日はどんな「ママ!」が聴けるでしょうか?
今夜もSAWAでお待ちしています

自由気ままに・・・

焼酎 - コピー
私はお酒が大好き。。。

だから昔から「ざる」と良く言われていました。
「ざる」とは大酒呑みを表す言葉で、呑んでも呑んでも「ざる」の網目からお酒が漏れるので、終わりがないという意味。

でもいつ頃からか「枠」と言われるようになりました。
言葉そのままに「ざる」のさらに上、「ざる」の枠組みしかないということです。

自他ともに認める酒呑みだからこそ自分で店を始めたんだけど、毎日楽しくてしょうがない。
だって、大好きなお酒に囲まれて仕事ができるんだから・・・

店に行って鍵開けて扉を開いた瞬間、まっすぐ正面に見える壁一面の一升瓶コレクション。
それを見るだけでも嬉しくてワクワク

今日はどのお酒から攻めようか・・・なんて考えちゃいます。
ダメですかねぇ・・・お客さまより店主が一番楽しんでるなんて。。。(笑


SAWAでは、酒好きの私だからこそ感じる事を素直にお店で実践しています。
その中の一つ、呑み方。

IMG_1123

これは、焼酎を呑むときのロックグラス。
左奥が通常のフルサイズで右がハーフサイズ。
手前の三つ並んでるのが、呑み比べ三種のショットグラス。

並べて撮ったので、ショットグラスと後ろのグラスが同じ位のサイズに見えてますが、実際はもう少し大き目ですョ。
ご心配なく。。。

SAWAには100種類以上の焼酎がありますが、やっぱり酒好きは呑んだことないお酒があれば、できるだけいろんな種類を呑みたいと思うもの。
でも、一人で呑む量には限界があります。
だから、いろんな種類のお酒を少しずつハーフサイズでも呑めるようにしているんです。

たくさんあればあるほど、どれから呑んだらいいのか目移りしちゃいますよね。
そんな方のために、一升瓶のラベルで気になるものを好きに選んで”ジャケ呑み”できるように、三種類一度に呑み比べられるショットもご用意しています。

値段も単純に、ハーフなら一杯分の半額。
ショットは値段に関係なく、三種類お好きに選んで600円!

常連のお客さまに「価格設定おかしい!」とか「一杯もハーフも店側の手間は同じなんだから、単純に半額って店ないよ!も少し考えたら。。。」とか言われることもしばしば・・・。

ご心配ありがとうございます。
大丈夫です!
決して損はしてませんから・・・


SAWAは、私の「こんな店あったらいいな・・・」という想いで出来たお店です。
だから酒呑みならではの発想で”酒好きのかゆいところに手が届く”いろんなことを実現してるだけなんです。

いいんですよ。。。
美味しいお酒を呑みながら、お客さまがSAWAで”自由気ままに”楽しんでいただければ、それだけで・・・


さて、今日は長くなったのでこの辺で・・・


今日はどんな”酒好き”に出逢えるでしょうか?
今夜もSAWAでお待ちしています

ありがとうの気持ち

おばんざい - コピー
毎日作る日替わりのおばんざいたち。。。

季節によってその日に仕入れた食材でいろいろ作っていますが、何を作るかは基本的に自分がその時食べたいと思ったものを作るようにしています。

人は「寒いなぁ」と感じたら温かいものが食べたくなるし、「暑いなぁ」と感じたらあっさりしたものが食べたくなる。
旬のものを見かけると季節を感じて「食べたいなぁ・・・」と思うんです。

だから、自分が食べたいと思ったものは多分お客さんもそう感じるんだろうなぁと思って、その日の天候・気候によって自然に感じたままに作るようにしています。

味のレパートリーも一応は考えていて、甘い、辛い、酸っぱい、あっさり、こってりなど、極力はこの5種類の味付けでいろいろアレンジしています。

その中で、肉系、野菜系、温かいもの、冷たいものと食材によって使い分け。
肉ばっかり偏ってもだめだし、野菜だけでもだめ。

人によって好みが異なるので、食材、味付けにわかりやすく変化をつけて選びやすいように工夫をしています。


SAWAではこの日替わりおばんざいの中から、お好きなものを選んでいただいて最初の一品目はサービスとしてお出ししています。

店によっては決められた一品を「突き出し」として最初に出してくれるところや、サービスかと思いきやチャージ料の中に含まれているところもあります。

それがお店のシステムであればしょうがないのですが、私はお客さまが注文していないものを勝手に出してきて、ましてやお金を取るのはどうかと思うんです。

そのお客さまが嫌いなものだったら、意味がないでしょう。。。

よく最初の一品目を「突き出し」とか「お通し」とかいいますが、それぞれ意味が違います。
「突き出し」とは、お客さまの注文の有無に関わらず勝手に”突き出す”から「突き出し」と言うそうです。
SAWAでお出しする一品目のおばんざいは「突き出し」ではなく「お通し」です。

「お通し」とは、日本人の心が込められた素敵な言葉で、お客さまをお席に”お通し”して”丁寧におもてなしする”という意味があるんです。

同じような言葉でも全く意味がちがうでしょう。。。

自分の家に友達が遊びに来てくれたら、「遠いところありがとう!」と多分皆さん言うと思います。
そのあとはとりあえずお茶やコーヒー、ジュースなどを出しておもてなししますよね!

寒い時には温かいもの、暑い時には冷たいもの。。。と来てくれた相手の好みや気候を考えて飲み物を出す。

そう、、、
家であってもお店であっても、来てくださった方へのおもてなしの仕方は同じだと思うんです。

SAWAで「お通し」をお出しする一番の理由は・・・
たくさんあるお店の中でSAWAを選んでくれて、わざわざ足を運んで来てくださったお客さまに対しての「ありがとう!」という私からの”感謝の気持ち”です。

だからSAWAではお客さまに、まずお好きなおばんざいを選んでいただいて、一品目に「お通し」としてお出ししています。

ただ、、、
「お通し」だけで他のお料理をご注文いただけない時も、たまにありますけどね・・・(笑


昨日のSAWAは、久しぶりのお客さまがたくさん来られてお客さま同士で盛りあがって、とっても賑やかな一日でした。

いろいろ書きたいところですが、もう時間がなくなったのでこの続きはまた明日。。。

さて、今日はどんな出逢いがあるのでしょうか?
今夜もSAWAでお待ちしています

手の温もり…

IMG_0700
SAWAは今年の1月10日にOPENしました。

ちょうど去年の今頃は、毎日せっせと店作りしてた時期・・・。
今、思うとめちゃくちゃ大変だったけど、とっても楽しい想い出。

実は私、飲食業の経験なんてないんです。
そう、、、去年の6月までまったく違う畑の仕事してました。

でも、お酒大好きでお料理作るのも大好きだったので「いつかは自分でお店をやろう!」って、20代の頃からず~っと思ってたんです。

で、人生80年だとしたらもう折り返し地点も過ぎたし、そろそろ自分のしたいことに向かって自由に歩いて行ってもいいかなぁ・・・って。

6月に仕事辞めて、そこから第二の人生スタート。
自分の夢に向かって猛ダッシュ!

まずは、飲食業のこといろいろ勉強しました。
どんな店にしたいかって自問自答しながら、いろんな店を回りました。
物件もいろいろ探して、いい物件見つかりました。
開業資金ないとできないなぁ・・・って、何日もかかって必死で事業計画書を作って国金に申請して、、、

会社辞めてからの数ヶ月間やっとのことで、第一ステップ。
店作りできるとこまでなんとか辿り着きました

でも、そこからがもっと大変
IMG_0248
これなんだと思います?
借りた時の店の中の状態、、、

やっとこさでここまで来て、ふたを開けたらこの状態・・・。
まずは店の中のガラクタ処分。

友達に手伝ってもらって荷物全部運び出して、店の中を空っぽにするところから・・・。
軽トラの荷台に積んで6回分。。。
丸一日かけて、ガラクタを整理。

それから中の掃除開始!
両親にも手伝ってもらって、壁や床、天井をきれいに磨きました。
カウンター内の厨房なんて油だらけで、とんでもなく汚かったから店内の掃除だけでも約一か月。

そしてやっと店づくりスタート。
IMG_0309
壁一面に焼酎を飾りたかったので、市販のボックス棚を大量に買って積み重ねてカスタマイズ。
カウンターも元のカウンターは狭いし低いから、コーナンProで安い板探して購入。
4mもあるから運ぶだけでも大変で・・・。
テーブルも三段ボックス購入して、その上に板を取り付けて合体。。。

トイレも最初はこんな和式だったから、様式便座だけ購入して取り付け。
土壁塗ってお気に入りの鏡を埋め込んで・・・
トイレ

外の壁も掃除してペンキ塗って、ドアと窓はかわいく赤のペンキ塗って。。。


そうなんです・・・
SAWAの店づくりには、業者さんなんて入ってないんです。
友達や両親に手伝ってもらって、ぜ~んぶ自分たちで手作り。
すごいでしょう

ご協力いただいた皆様に感謝!!

だからSAWAには手伝っていただいた方々の”手の温もり”がたくさん詰まっています。
店に入るとなんとな~く温かい雰囲気がしませんか?

お客さまが「ただいま~!」って毎日帰って来れるような、アットホームな温もりを感じるお店・・・
それが、私の描いたお店「SAWA」です。


昨日水曜日はのんびり営業日。
調子に乗って呑みすぎちゃったので、お客様が引けたタイミングで少し早めに店じまいしちゃいました、、、。
来ていただいた方がいたら、ごめんなさいね

今日から通常営業。
おばんざいもいっぱい作りますよ~!

今日はどんなお客さまに出逢えるでしょうか?
今夜もまたSAWAでお待ちしています

二人分のまごころ…

IMG_1103
活き活きと葉っぱの伸びた採れたての大根と株。
美味しそうでしょう?

これ、私の父が育てた無農薬野菜。
兵庫県の端っこ川西の実家で季節の旬の野菜を大量に作ってます。

といっても、実家は農家ではないんです。
普通の庭付き一軒家で、昔はきれいな芝の生えたお庭があったのに、気が付いたら一面が畑に。。。
まぁ、美味しいお野菜食べれるし、家計も助かるし・・・で、母も仕方なく承諾したようです。

父は鳥取出身の農家育ち。
これといって趣味とかない平凡な父なんだけど、唯一、野菜作りが趣味と言えるのかな。。。

ちょっと規模の大きな家庭菜園で食べきれないほど大量に作るので、いつもご近所さんに食べていただいています。
で、私が今年からSAWAを始めたこともあり、特に張り切ってさらに大量に。。。

夏場はトマト、ピーマン、万願寺、かぼちゃにゴーヤにバジル。。。
今時期は大根、かぶ、水菜、高菜。。。

お店で売っている大根の葉っぱってカットされていますが、葉っぱたちはいったいどこに行ってしまうのだろう・・・といつも思います。
とっても美味しいのに・・・。

IMG_1106

この大根の葉っぱ、いっぱい虫が食べちゃってますよね。
都会育ちの方は「気持ち悪い~!」って思うかもしれませんが、本当はこれがいいんですよ。
農薬だらけの野菜は、美味しくないので虫は寄り付きません。
美味しい野菜だから虫が食べるんです!
だからこの虫食いは、この野菜が美味しいって証拠。

売ってるものより見た目は良くないけれど、大根なんか特にとってもジューシーで柔らくて、生のままかじってもとっても甘いんです。
父が愛情たっぷり注いで育てた無農薬野菜だからこそ、葉っぱも皮も捨てるとこなんありません。
葉っぱは漬物やおひたし、炒めもの・・・なんでも使えます。
皮だって刻んできんぴらにしたり、サラダにしたり。。。

毎日SAWAのカウンターには、このお野菜たちで作ったおばんざいたちが並んでいます。
父が育てたお野菜たちで、私の愛情をたっぷり込めたおばんざいを作る・・・

だからSAWAのおばんざいには”二人分のまごころ”がいっぱい詰まっています。
あ、そうそう、、、一応、母も水やりとかしてますので、二人分+αですかね(笑


昨日のSAWAは和やかな一日でした。

毎月、東京からわざわざSAWAに来てくださるお客さまがいて、昨日は一月ぶりにお連れさんとご来店。

もともと神戸の方ですが、昨年から東京に単身で赴任。
月に一度だけ神戸に帰って来られるその時に、必ずSAWAに立ち寄ってくれるんです。
嬉しいですね

まずはカウンターのおばんざいを一通りつまみつつ、新入荷の日本酒を順番にご注文。
とってもお酒が好きな方で、「SAWAに来るのが楽しみで、毎月待ち遠しくてしょうがない!」と、大好きな日本酒を目を輝かせながら、本当に美味しそうに呑むんです。

日本酒に合いそうなアテをお出しする度に、「何これ!ウマっ!」と喜んでくれる。。。
「何これ!ウマっ!」は美味しい時のその方の口癖。
だから私も嬉しくなって、いろいろサービスしちゃいました。

決まって頼むお料理は、SAWA一番の人気メニュー”ワタ入りイカの酒蒸し焼き”

ワタのいっぱい詰まったイカをお酒に浸して蒸し焼きにしたお料理で、身にワタをからめながら食べる絶品のアテ。
いつもイカを食べたあと、残った煮汁まで全部キレイに食べてくれるんです。

以前来られた時、その煮汁を残したまま終電間際に慌ててお帰りになったことがあるんですが、「あの煮汁を残してしまったことが悔しくてしょうがない・・・」と、次に来られた時もず~っとおっしゃっていたほど。。。

一月に一度だけ顔を見せてくれるお客さまですが、お料理もお酒も「旨い!旨い!」と言いながら呑んでいるその姿をカウンター越しに眺めながら、私もとっても嬉しくて幸せ気分いっぱいになりました。

来月も美味しいお料理たくさん作ってお待ちしていますね!


そうそう、水曜はお休みの日ですが、今日も店開けますよ~
今日も豪華食材いろいろ仕入れてきましたぁ!

今日はどんな一日になるのでしょうか。。。
今夜もまたSAWAでおまちしています

とりあえずの一杯…

IMG_1098
「とりあえずビール!」と、最初の一杯目はビールを呑む方が多いですよね。。。

私はビールはあまり好きではないのですが、やっぱりとりあえず最初はビールが欲しい!

でも、生中だと多すぎて呑みきれない。。。
喉を潤す程度のちょっとだけが呑みたいんです。

本当は一口だけでいいのだけれど、そんな一口だけなんて普通はないですよね。
九条の行きつけの立ち飲み屋ではいつも大将にわがまま言って、おちょこくらい小さいグラスで少しだけビールを出してもらいます。
その後は、焼酎ロックか熱燗をグビっと・・・。
だって、せっかくいろんなお酒を呑みに来たのに、ビールだけでお腹が膨らんじゃうんだもの。。。

SAWAでは、生ビールのサイズは3種類ご用意しています。
生中、生小、生ミニ。

生小は少しだけ呑みたい方用。
生ミニは、私のように喉を潤す程度にちょっとだけ呑みたい方用。。。

ミニだけど、ちゃんとBeerジョッキの形をしたミニグラス
かわいいでしょう(笑

「ちょっとだけ呑みたいな・・・」と思った時は是非どうぞ!


昨日のSAWAは、急に寒くなったせいかお客さまも少なく、まったりした一日でした。
そんな中、「食べログを見ました!」と予約の電話。

しばらくして、ピシッとスーツを着た好青年の二人組が登場。
やっぱり最初はとりあえずのビール。

そのあとは、焼酎が好きなようで「うわ~!すごい品揃えですねぇ・・・」と、次から次へと楽しそうに嬉しそうに焼酎をジャケ呑み。

かなり呑まれる方たちで、お料理もさすがに渋いアテばかりをチョイス。
やっぱり、酒好きの好みは共通なんだなぁ・・・と実感。。。

焼酎好きだけに、「コレ、おいしいです!写真撮ってもいいですか?」と、気に入った焼酎の一升瓶を記念にパシャリ!
嬉しいですね
私も美味しい酒に出逢ったら、必ずその一升瓶を写真に残します。

SAWAは「焼酎ぎゃらりぃ」なんですが、なぜか焼酎よりも日本酒を注文される方が多い。
だから、焼酎をたくさん呑んでくれる人に来ていただけると、とっても嬉しくなっちゃいます。

いろんな焼酎を好きなだけ呑んでたくさん食べて、会話もはずんで楽しんだあと、「なかなか通な店ですね。お酒も料理も旨かったです!また来ます!!」といって、笑顔で帰って行きました。

ご新規さんが来られると最初はとっても緊張するんですが、お酒を呑みながら和んでいる姿を見るとホッとします。
美味しいお酒を呑むとみんな笑顔になる・・・
これも、SAWAマジックかな。。。


SAWAでは100種類以上の焼酎銘柄を揃えていますが、お客さまのリクエストがない限り同じ銘柄は入れないようにしているんです。
一瓶空いたらまた違う銘柄へと入れ替えしています。

全国各地には、数えきれないほどのまだまだ美味しい焼酎がたくさんあります。
日本酒ももちろんそうです。

そのたくさんある美味しいお酒をもっともっと知っていただいて、お客さま好みの旨い酒に出逢っていただきたいと想うから。。。


でもね、仕入れるお酒を選ぶ基準は・・・
”私が呑みたいから・・・”ですけど。。。


さて、今日は寒いので温か~いスープでも作ろうかな。。。

今日はどんな出逢いがあるのでしょうか。
今夜もまたSAWAでお待ちしています

白と黒…

IMG_0337
SAWAには、いろんなキャラクターがいます。

中でも猫キャラが一番多い。
私は猫ちゃん5匹と狭~いワンルームで暮らしていたほど、大の猫好きなんです。

でも・・・
今は借家で飼えないので、全員実家に行っちゃいました。。。
悲しいけどしょうがないですね。。。


これは、猫ちゃんの形をした保温ポット。
100年以上も前から魔法瓶を作っているドイツの老舗メーカーヘリオス社のもの。

今時魔法瓶て。。。って思われるかもしれませんが、ヨーロッパの一流ホテル等でも採用されているそうで、コレがなかなかの優れもの。

お湯を沸かして入れておくと、一日中ずーっと温かいまま。
電気も使わないしとってもエコなポットなんです。

持ち手がしっぽになっていて、デザインもかわいいポット。
お湯を注ぐときはシンプルに頭を回すんだけど、初めはちょっと抵抗がありました。
だって、猫の首をひねるんだから・・・。
ま、それもご愛嬌ですね。

夏場はあまり使わなかってけれど、これからますます寒くなって活躍できるので、白ちゃんと黒ちゃんも張り切ってお仕事してくれると思います。


昨日のSAWAは、前日に引き続き大賑わいの一日でした。
日・祝は変則の4時からの営業なんですが、いつものようにのんびり準備をしていたら予約の電話が・・・。
「4時から6名でお願いします!」と。。。

またまた油断してました。
慌てて準備を整えて、おばんざい何もないままOPEN。
とりあえず、サービス一品をお出しして。。。

そんなバタバタのスタートから、おばんざいをダッシュで作りつつご注文をうけながら、続々とお客さまがご来店されて、気が付くと満席。
SAWAは意外と平日よりも週末の方が忙しくなるんです。
ありがたいですね

いつもご夫婦で来られるお客さまがいて、昨日も仲良くご来店。
とっても明るい奥さまと笑顔が素敵で紳士な旦那さま。

まずはビールを呑みながら、カウンターに並んでいるおばんざいを「とりあえず、全部!」といってご注文。

そうなんです。。。
いつもおばんざいを全部注文して、一皿を仲良く二人で分けて食べるんです。
「美味しいね!」と語り合いながら・・・
とっても微笑ましいですね

ビールを呑み干すタイミングも一緒で、二人揃っておかわり。
そのあとは、決まって麦焼酎をロックで。

お気に入りのお酒を呑んでおばんざいをつまみながら、楽しそうに会話しているお二人を見ていると、私までとっても温かい気持ちになりました。

一人で呑みに来られる独身の方々にも、SAWAで素敵なパートナーが見つかりますように・・・


さて、今日はどんな出逢いがあるでしょうか?
今夜もまたSAWAでお待ちしています。
SAWAのある場所

大阪下町九条の焼酎バー
大阪市西区本田3-6-15-1F
080-3832-6651
記事検索
ブログを見た人の数


    人気ブログランキングへ
    • ライブドアブログ