焼酎ぎゃらりぃさわ 

~ 旨い酒とほっこりおばんざいの和み酒場 ~

大阪下町九条の焼酎バー 酒好きがこうじてお店をはじめたママの気ままな独り言日記です。

守り神

幸と福を呼ぶ・・・

IMG_1111
今日は三つ目の守り神のお話。
カウンター正面の棚の一番上、立派な対のシーサー。

2013年1月10日にSAWAは祝!開店!!
その時に親しくしていた呑み友達のご夫婦が商売繁盛を願って開店祝いとしてプレゼントしてくれました。

石垣島にある工房の本格素焼き。
職人さんの手作りで同じものは一体もない、世界に一つのシーサー。

ありがとうございます。
嬉しいですね・・・

あれから一年。。。
大きな怪我や事故もなく、2013年の一年間しっかりSAWAを守ってくれました。

「魔を除け福を呼ぶ」といわれる沖縄シーサー。

一体だけで飾る場合もありますが、対の場合は左右で置く位置がきまってるそうです。
口を開けた方がオスで右側、口を閉じた方がメスで左側が正式な位置だとか。
「阿吽の呼吸」とか「ツーカーの仲」とか、よく言いますがこのシーサーもオスとメスの阿吽で一対になっています。

それぞれにもちゃんと意味があって、オスの開いた口は「福を呼び込む」とか「幸運を吸い込む」、メスの閉じた口は「悪いものを入れない、福を逃さない」とか「一度掴んだ幸せを放さない」といわれています。

SAWAで言うと、「悪い客は入れない、一度来たお客さんは離さない・・・」ってこと、、、

今年一年間も阿吽の呼吸でしっかりSAWAを見守っていてくださいね。。。


昨日のSAWAは、お正月休み最終日とあって、とっても穏やかな一日でした。

最終日の餅つきイベントにも参加してくださった、近所に住むハシゴ酒のおじ様。
昨日は奥さまと娘さんと家族揃ってご来店。

このおじ様は餅つきベテランさん。
餅つきの際は大活躍!
終始、臼の中の餅を返す「返し手」を引き受けてくださいました。

次の日は、さすがに腰が痛かった・・・というおじ様。

そりゃそうですよね!
10Kgのお米を突くのに約8回位もの間、ず~っと頑張ってくれたんだから。。。

ホントこの方がいなかったら、ちゃんとお餅できなかったと思います。。。
ありがとうございました・・・

「来年は私も参加しよ~!」って娘さん。
どうぞどうぞ、、、
SAWAの年末恒例行事で毎年餅つきしますので、今年も大勢で楽しみましょうね!

このおじ様、店によって呑む酒が決まっててSAWAではいつもは焼酎ロックで呑むんです。
だけど、昨日はご家族に呑ませたいお酒があったようで、店に入ってすぐに

「今日は焼酎じゃなくて、イワナの骨酒で!」って。。。

三人揃って仲良くグビグビ・・・

いつもはお一人様が多いおじ様も今日は家族団らんで”イワナの骨酒”を囲んでとっても幸せそうに。。。
ご機嫌さんで、すぐに注ぎ酒をおかわり!
お酒強い方なのに、めずらしく頬が桜色に染まって。。。

ご家族の 幸と福を呼ぶ 骨酒かな
・・・字余り


さて、今日は2014年最初の仕事初めの日。
皆さんお仕事頑張っていますか?

一生懸命頑張って疲れたら、SAWAの美味しいお酒とお料理で元気つけてくださいね。

今日はどんなおばんざいを作りましょうか・・・
今夜もSAWAでお待ちしています

大切な人・・・

IMG_1257
SAWAには3つの守り神があります。

先日書いた窓際の七福神と、もう一つがこのシーサー。
最後の一つはまた今度。。。

このシーサーには深い想い出があって、とっても大事にしています。

SAWAを始める前、九条の馴染みの立ち飲み屋に毎日のように通ってました。
同じように毎日そこへ呑みに来られるとっても笑顔の素敵なおじさまがいて、顔を合わす度に一緒に呑んでたんです。

その方の笑顔があまりにもこのシーサーそっくり!
冗談で「シーサー!」って呼んでたら、そのうちに他の常連さんも「似てる!」って言い出して、何かある度に「シーサー」って。
かなり失礼な呼び方ですね・・・ごめんなさい。。。(笑


いつも笑顔でしゃべりかけてくれて、いろいろ話を聞いてもらったり呑みに連れて行ってもらったり。。。
すごくお世話になりました。
そのお礼にと、これと良く似たシーサーをプレゼントしたことも。

そう、去年の今頃も一緒に呑んでました。。。

九条で店をやるって報告したら「応援するから頑張りなはれ!わしが毎日呑みに行ってあげるから。。。」って温かく励ましてくれて。
とっても嬉しかった。。。


12月に入って開店準備でバタバタで、お逢いできないまま1月10日にオープン。
オープン当日、そのおじさまからの開店祝いが届きました。

直接お礼も言えないまま、オープンしてからもバタバタの日々。
そんな中、人づてにおじさまが入院されていると聞きました。

そうなんです・・・
1月10日のオープンの日も病院のベッドの上でお祝いしてくれてたんです・・・

それから数か月、きっと元気になってSAWAに来てくれると信じて待ち続けてました。
元気になったら、大好きな芋焼酎をいっぱい呑ませてあげようって・・・

でも、、、
5月に入っておじさまは、SAWAに来られることなく・・・


自宅に置いていたシーサーをSAWAに連れてきて飾りました。
店が一番きれいに見渡せるカウンターの後ろに。。。


そう・・・
このシーサーはおじさまの分身。
一緒に呑むことはもうできないけれど、いつもカウンターの後ろからSAWAでの毎日の出来事を、温かく優しく見守ってくれています。
あの素敵な笑顔で。。。



さて、今日はボジョレー解禁!
焼酎ぎゃらりぃだけど、ワインも用意しますよ~!


今日はどんな楽しいことがあるでしょうか。
今夜もSAWAでお待ちしています

ママと呼ばれて・・・

IMG_1126
赤い窓から外を覗いている、茶色の物体何かわかります?
これは、素焼きの七福神。
かわいいでしょう・・・

大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋尊の七人の神様が、SAWAを訪れる方々を優しく見守ってくれています。

店を始める前、信楽に食器を買いに行ったときにたまたま見つけて、七つの神さまそれぞれがあまりにもかわいかったので買ってきました。

七福神は、あらゆるものに福をもたらしてくれて、幸運、福運、とくに金運をさずけてくださる七神さま。
SAWAの商売繁盛とSAWAに来られたお客さまに福をもたらしてくれますように・・・と願って守り神として窓際に飾っています。

福を授かりたい方は、拝んでみてください。
きっといいことあると思いますよ・・・


店を始めてからお客さまからいろいろな呼び方をされるようになりました。
「ママ!」とか、苗字で「〇〇さん!」とか、下の名前で「〇〇ちゃん!」。
「焼酎ぎゃらりぃ さわ」という店名なので、私の名前が「さわ」だと思って「さわさん!」という方も。。。
ホントは「さわ」じゃないんですけどね!

でも、やっぱり「ママ!」と呼ばれることが一番多い。

店を始めた当初は「ママ」と呼ばれるのに慣れなくて、お客さまに「ママ!」と呼ばれても気付かないことが多かったんです。
苗字で「〇〇さん!」とか、下の名前で「〇〇ちゃん!」て呼ばれないと反応しない・・・みたいな。。。

だって、会社では苗字で呼ばれるのが当たり前で、今までずーっとそう呼ばれてたのが、店を始めた途端に「ママ」に急に変わったんだから。。。

最初は「ママ」と呼ばれることがとっても恥ずかしくて、なんとなく気持ち悪くて。。。
友達にも「なんて呼べばいい?」とか聞かれて、今まで通りのあだ名で呼んでって言ったんだけど、今では友達まで「ママ!」と呼ぶようになっちゃった。

去年まで勤めてた会社の後輩で呑み友達だった彼女も、最初は「〇〇さん!」って苗字で呼んでくれてたんだけど、ある日お客さんがたくさんいて忙しくしてるときに「〇〇さん!」って何度も呼んだのに気付かなかったから「ママ!」って言ったら振り向いたって。
だから、これからは「ママ!」って呼びますと、その日を境に「ママ!」になりました。

先日も家の近くを歩いてるとき、遠くの方から「ママ~!」って叫んでる人がいて、どこのママなんだろ?って思ってたら、私のこと。。。
お客さんが私を見つけて声をかけてくれたんです。
人通りの多い中、ちょっと恥ずかしかったですけど・・・(笑

店の中ではもちろん「ママ」なんだけど、買い物行っても「ママ!」、近所の人と道ですれ違っても「ママ!」
どこ行っても「ママ!」

SAWAを始めてから、はや11か月。
来年1月10日で丸一年。

どんどんお客さんや知り合いが増えて「ママ」が広がっていく・・・
嬉しいことです。。。

でも、広がれば広がるほど「ママ」という言葉にとっても重みを感じるこの頃・・・
経営者であり、店主であり、料理人であり、「ママ」である。。。

こんな「ママ」でいいのだろうか。。。
経営者として、店主として、料理人として、まだまだ出来ていないことがいっぱいあるのに、、、

胸張って「ママ」と言えるよう、もっともっと努力しなければ・・・!


さて、今日はどんな「ママ!」が聴けるでしょうか?
今夜もSAWAでお待ちしています

SAWAのある場所

大阪下町九条の焼酎バー
大阪市西区本田3-6-15-1F
080-3832-6651
記事検索
ブログを見た人の数


    人気ブログランキングへ
    • ライブドアブログ